まずは覚えておくゴルフ練習場ガイド

ゴルフトレーニング場により1階だけのところもあるんですが、3階打席まである所も多く、スタンダードには3階席は1階打席より1球あたりの金額が割安ケースがたんまりデス。また、新宿などのゴルフトレーニング場サービスとして1時間〜2時間くらいの打ち放題プランを提示しているゴルフ場も一杯ですので、練習量・必要な球数・コストを考慮しご選択を頂けると純良と思います。

 

はじめの内は、力まず打ち易く打球が割安2階・3階席をえらぶのが感じが好いでしょう。打ったボールを回収するために奥のボールネットから打席まで傾斜になってる事が多く、1階席から打とうとすると坂にむかって打ち上げする形になります。

 

2階席は1階席に比べると1球あたりの単価も安く設定されており、無理な打ち上げにはならないので、基礎的スイングを固めるには一番格好とおもわれます。ゴルフを始めたばかりの頃はスライス(人によってフックが多端人もいますが・・)が非常に多くでますが、大体100ヤード付近から急激に曲がっていきますから、その手前でネットに当たってしまうと曲がったかどうかわかりにくいからです。

 

1階席の長所としては短距離を寄せる距離感・打ち方を実践出来る点ですけど、初心者の内は打ち上げ意識で練習すると力が入りやすく、力みやすいケースがあります。実際には、本コースのティーグランドと目線・位置関係が似ているのはじつのところ2階席です。

 

それから、打ちっぱなしできる距離ですが、はじめの内はやっぱり最低でも150ヤード前後は合った方が感じが好いですね。